親子で書こう!100さつ読書日記―「きかんしゃやえもん」「ねずみくんのチョッキ」

読み聞かせ2日目、なんとか今日も終わりました。
ウチの消灯時間は9時です。
読み聞かせのスタートが遅かったので、
結局10時頃に終わり、眠い目をこすりながらの読み聞かせとなってしまいました。
実は私もすごく眠かったので、睡魔が皆に移ったのかもしれません。

お兄ちゃんは幼稚園の頃に読んだ絵本ですし、眠気に勝てず先に寝てしまいました。
ギャングエイジのプチ反抗期のお兄ちゃんにも買ってますよ♪
「小学生100冊読書日記―フィンランド・メソッドで本が好きになる」
100_2

お兄ちゃんのはまた明日。自分で読書をしてもらいましょう。

今日も「きかんしゃやえもん」「ねずみくんのチョッキ」です。
yaemon
2回目です。
眠たかっただろうけど、ちゃんと聞いてました。

この「きかんしゃやえもん」に出てくるやえもんは、今では時代遅れとなった年寄りきかんしゃ。
黒い石炭なんて食べたことがない電気機関車達にばかにされ、ある事件がおきてしまいました。
くず鉄にされる運命でしたが、ある日、交通博物館の人がゆずって欲しいといわれ、めでたく博物館に展示されてぱっぴーエンドなお話です。

れえるバスは、いちろうはるこやんな~とか、
やえもんは壊されるんやったな~(:_;)とか、
でも助かって博物館にいくんやったな~とかとか、、

結構ストーリーをしっかりと覚えていてビックリです。
壊される話が出た時、息子は険しい顔つきで聞いてましたが、
最後は、息子もやえもんもハッピーハッピーの笑顔で良かったです。

「ねずみくんのチョッキ」は、おかあさんがあんでくれた赤いチョッキをきたねずみくんが、最初はアヒル→サル、、と最後はゾウにまでチョッキが回ってチョッキがどんどん伸びていく様子が面白いです。

ゾウ君「ちょっときせてよ!」
息子「それはないやろ~」
「ゾウがねずみのチョッキを着れる?」
と突っ込んでました。
大人でもクスッと笑える絵本でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。