こんな時はどうすればよかったんだろう。

いいお天気が続いてます(^^♪

こんな日は、お外に出て思いっきり遊びたいです!

リクの調子ですが、昨日よりマシな感じです。が、、、気を付けて見ています。

午前中にお庭で日向ぼっこを楽しみ、ホノボノとした時間を過ごしました。

お昼からは兄弟二人でスイミング。

ウチのお兄ちゃん、今月でスイミングを辞める事にしました。

もう手続きも済ませ、今日を含めて後2回。

来週は、私が見学に行けないので、ここのスイミングスクールで

お兄ちゃんが泳いでいる姿を見るのはこれで最後です。

泳ぐ姿を写真におさめながら、最初は

お顔つけが出来なくて時間がかかったよな~とか

バタ足で時間がかかったよな~とか

途中でスイミングが嫌になり、練習に連れていくのが大変だったな~とか

色々と昔の事を思い出して、今の泳ぎにお兄ちゃんの成長を感じました。

4年半近く通い、やっと四泳法をマスターできました。

最後の級まで届きませんでしたが、本人は納得して辞める事を決めました。

私としては、泳いでいるお兄ちゃんをもう少し見学したかったのですが、

ロボット教室にどうしても通いたい!との気持ちが変わらず、、

どんどん習い事を増やすわけにもいかないので、仕方がないです。

この後、お兄ちゃんは別の習い事もしておりましたが、本人が色々と考えて

それも辞める決断をしました。

駐車場に車を停め、教室に向かう途中に本人の迷いが少し感じられたので、

来週まで教室に辞める事を伝えるのは保留にしました。

一旦車に戻り、終わるまで弟君と二人で車で待つことにしました。

本当は、あれもこれも習わせてあげたいのですが、、そういう訳にもいかず、、

日々の生活をもう少し丁寧に過ごしたいですし、、それに遊びも大切です。

弟君と駐車場に向かう途中、歩道の端で、

小学5、6年生ぐらいの女の子が、足を押さえてうずくまっていました。

なんか変だな??と思い、でも周りの人も気づかず通り過ぎていたので、

やっぱり考えすぎかな???でも!!!!

最初はコケて軽くすり傷でもできたのかな??ぐらいだったんですが、、

よーく見ると、結構深い傷を負ってました(:_;)

私:「お姉ちゃん大丈夫?」

女の子:「少し痛いですが、お母さんに電話をしたので大丈夫です。」

私:「お母さんはどのくらいで来れるの?」

女の子:「30分ぐらいかかると思います。」

血はあまり出ていませんでしたが、かなり深い傷で、、怖くてじっくり見れなかったけど、

膝のお皿が見えているぐらいでした。( ゚Д゚)

私:「どうして?こうなったの?」

女の子:「弟を習い事へ送って、急いで走っていたらコケて怪我しました。。」

すごく痛いだろうに、、ちゃんと丁寧に受け答えをしてました。

泣くこともなく、お母さんが来るまで待っているとの事。

傷の状態を見て、こんな時はどうすればいいのか。。私の方がテンパってしまいました。

とりあえず、近くに薬局があるのを知っていたので、そちらに向かいました。

途中で交番があったので、薬箱はおいてないかと聞きましたが、すぐ近くに薬局があよ!

と言われました。。

ガーゼとテープと消毒液を買って急いで戻ってみると、、

4、5人の人が携帯でどこかに電話をしていました。

お母さんはまだ到着はしていないようです。

皆さん、機転を利かせて救急車を呼んでました。

それから、さっきの警察も来てました。

私はガーゼを買ってきましたが、、、傷を見て、気軽にバンドエイドを張るようには

出来ませんでした。

とりあえず、止血しないと、、、そばにいた男の人が、女の子にガーゼを貼ってくれました。

女の子は、傷口が見えなくなって少し安心したように見えました。

しばらくして、慌てた様子のお父さんが到着しました。

もう、気が動転して、、何が何だか???

私でも、あーなるよなぁ。。。ていうか、、これ以上( ゚Д゚)

これから救急車で病院へ向かうとなると、

女の子の弟は、習い事へ送って行ったところなのに、、どうするんだろう。。

色々と心配ですが、お父さんが到着して取り合えず安心。

以前、弟君が年少の時に坂道でコケて頭に2針を縫う怪我をした時に、

本当にたくさんの人に助けてもらいました。

今日も、たくさんの温かい人の助けがあり、、本当に日本っていい国だなぁと感じました。

私は機転が利かず、薬局屋へ走ってしまいましたが、、

素人が傷の判断をし、勝手な事はしない方がいいですね。

傷の状態にもよりますが、あまりにもひどい場合は救急車を呼ばないといけないのかな?

夕方、お兄ちゃんを怒鳴ってしまった。。。心が痛い。。。

なんでイライラしてしまうんだろう。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。